うちゃ君 逝ってしまいました

ある日突然餌場に現れ、そのまま居付き
あ゛~あ゛~と大声で鳴いて
うるさいから→うるちゃい→うるちゃ→うちゃ
と名付けたシャーシャー言うけど本当は、とっても臆病な子

調子が悪そうで入院させたら
猫エイズと猫白血病のWキャリア発覚!

もう長い命では無いだろうとシェルターへ

出入り自由部屋なのですが、全く出て行く事無く
じっとシェルターの箱の中・・・

あれから約11ヶ月の間に入退院を繰り返す事4回

6月7日に入院して
6月10日朝 低体温で危険な状態だと
     夕方 面会をして
夜11時30分 たった今息を引き取りました
と獣医師から連絡がありました。

本当は連れて帰って来たかったのですが
静脈点滴を温めていたら体温が上昇して来たので
連れて帰るのは「あきらめる」事になる×××
なので、もう1日お願いしていました。

シェルターに戻れなかったのは残念ですが
見慣れた獣医師先生に蘇生までしてもらって看取ってもらい
1匹でヒッソリ死ななかっただけでも良かったです。

6月11日ペット霊園へ連れて行き、最後のお別れをして来ました。


画像を探したけど、あまり撮ってあげてなかったから
シェルター内での画像が無く・・・

a0240928_035796.jpg


たったの1度も抱っこする事が出来なかった【うちゃ君】
最近は鳴きながらスリスリと甘えて来た【うちゃ君】
いつも涎を出しながら一生懸命ご飯を食べていた【うちゃ君】

もう、お口痛く無いでしょ
大好きな猫缶 沢山食べられるね
先に逝ったニャンズ達が待っててくれるからね

バイバイ【うちゃ君】

----合掌----
[PR]

by dfk2005 | 2012-06-12 23:01 | シェルターの子達